es-team エス・チーム

文字サイズの変更は、JavaScript(ジャバスクリプト)とスタイルシートを有効にすることでご利用になれます。

文字サイズ
エス・チームは、在宅就労支援のパイオニア、(福)東京コロニーが運営する、働く障害者のSOHOチームです。

初体験

2016年06月06日

尾崎

こんにちは。尾崎です。

先日、東京も梅雨入りしましたね。雨が降ると外出が大変なので、私としてはあまり好きな季節ではありません。まあ、雨の中であじさいの葉の上にカタツムリが乗っている光景は風流ですけどね。

この間、私が利用しているヘルパー派遣事業所の依頼で自分の障害についての講演会をしました。とても緊張しました。その時にお恥ずかしいことですが、初めて自らのパソコンを持参してプロジェクター、スクリーンを使用してパワーポイントで講演をしました。写真も使いたかったので、パワーポイントで出来ると便利だということがありました。パワーポイントのファイルを送ってパソコンのセッティングを人にやってもらって講演をしたことはありましたが、全てを自分でやったのはまさに初体験でした。

講演の数日前には機器の確認をするために講演会場に行きました。プロジェクターの接続ケーブルには色々な規格があるようで、私のパソコンを接続することが出来るのか不安があったためです。幸いにも何の問題もなく接続が出来ました。接続ケーブルを接続するだけでパソコンの画面が自動的に切り替わるのですね。接続ケーブルはVGAケーブルというよくある規格でした。最近のプロジェクターはHDMIケーブルやUSBケーブル対応のものも増えてきているようです。USBであれば多くのパソコンにあるので便利ですね。

パソコン、プロジェクター、スクリーン、パワーポイントを使って講演をすると、話し手としてはとても話しやすく、聞き手としては視覚的に分かりやすくて、とても見やすいと思います。講演の方も説得力が増して、あたかも上手に話すことが出来ているかのような気分にもなります。

今回、パソコン、プロジェクター、スクリーン、パワーポイントを使って講演をしてみて、つくづくとIT機器のありがたみを痛感しました。また機会があったら今回のように講演をしたいと思いました。

katatsumuri.jpg

タグ(話題):

ページの先頭へ