es-team エス・チーム

文字サイズの変更は、JavaScript(ジャバスクリプト)とスタイルシートを有効にすることでご利用になれます。

文字サイズ
エス・チームは、在宅就労支援のパイオニア、(福)東京コロニーが運営する、働く障害者のSOHOチームです。

停電

2016年10月14日

中村

一昨日の停電は驚きましたね。実際に被害を被った方はどのくらいおられるでしょうか。
私は豊島区なので、テキメンでした。

今日入稿しなければならないリーフレットの熱烈制作中に、一瞬電気が消えて「あら、もう電球切れるのかしらイヤだわー」と思ったのも束の間、今度はブン!と音がして、モニタも電気も一斉に消えてしまいました。
足元の地面が崩れ去る感じというのでしょうか。サーッと血の気が引きました。

(あさって入稿なのにどうしよう!!!最後にCtrl+Sを押したのは・・だめだぜんぜん覚えてない、だいぶ前だぁぁあうわああああ)

震えていてもしょうがないので真っ先にブレーカーを確認、降りてない。しかし、ブン!ってなった途端に上の部屋の人がバタバタし始めたのでこの部屋だけじゃないんだろう。

この「お婆ちゃんアパート」だけの可能性が高いから大家さんに連絡だ!と思っても家電って使えないんですね、電気が来てないと。
盲点だったわーと思いながら携帯で掛けてみても不在。大家さんちはすぐ近所なので、慌てて靴型装具を履こうとしたら玄関が暗くてなかなかヒモが編み上げられない。サンダルをつっかけてすぐ外に出られたらどんなにいいか。どんどん不安になってくる。

アパートの前の道に出ると、ブロックごとに人が三々五々集まっている。あら・・ウチだけじゃないんだ・・。と思いつつ、とりあえず大家さんが何か知ってるかもだから行ってみる。ピンポンしても無反応。やっぱりいないんだ・・。

集まってる人らに近づいて、ビックリですねー、なんて話す。近所なのに会ったことがない人たちばかりだ。

「ボン!って言って突然・・」「電気が使えないと何もできなくて」・・東北の震災のときもみんなで虫みたいに道路にわらわら出てきて、知ってる顔を見ると安心して、アスファルトに触って「まだ揺れてるかな」などとアホなことを言って笑ったりしてた。不安になると人は集まりたくなるんだなと再確認。

結局うちは15分くらいで復旧した。一時は35万世帯が停電したらしいけれど、正味1時間で復旧したらしい。テレビでも言ってたけれど、かなり早い復旧だと思った。信号も消えてたのに、とりあえず何もなくてよかった。

おそるおそるパソコンの画面を薄目で見てみると・・・。なんと、データがクラウドに保存されててしっかり復元されている!Adobe CCにしてもらってよかった!やっほ~!と、数年前には「あたしゃクラウドなんて怪しげなもの一生使わないよゲホゲホ」なんて言っていたのに手のひら返しである。

その後大家さんと話すと、不在だったのではなく、停電のせいでインターホンが機能してなかったとのこと。大家さんの家族はちょうど近所のスーパーに行っていたが、レジが止まってしまって会計が大変なことになり、慌てて店を閉めてたらしい。
連絡を取り合ったメンバーも「呼吸器が何時間も止まったらと思うと怖い」と言っていた。

備えあれば憂いなし。機会があったら、防災用品の営業さんに、停電にはどうやって備えたらよいか訊いてみよう。

(最後にボブ・ディランでも引用しようと思ったけどうまいこと繋げられなかったので退散)

タグ(話題):

ページの先頭へ