久富稲荷神社の秋祭りに行く

2018年10月12日

中川

先週末、近所の久富稲荷神社の秋祭りに行きました。
不思議なことに、徒歩10分も掛からない近所に存在する、この稲荷神社に行くのは、この街に住んで10数年で初めてのことです。
そこは、土地神さまをおまつりしている地域に密着した神社ですが、実は400年近くの歴史が刻まれた由緒ある神社であります。
特にこの神社の変わっているところは、参道250メートルと長く、住宅と住宅の間を通って伸びていて、京都の伏見稲荷のような赤い鳥居をいくつもくぐって境内に入る作りです。入り口からは境内は見えません。
そのために、いままで少し入ることをためっていたのですが、お祭りということもあり、ところ狭しと屋台が並ぶにぎやかさに、ついに足を踏み入れました。
境内に入ってみると、とても手入れが行き届いて気持ちのいい場所だなあという印象。地域の人達に親しまれている感じがとても良かったです。
今回は初めて参拝したので、はじめて伺います。というご挨拶の気持ちでお参りしました。今度は、すこし落ち着いた時にまたお参りしようと思います。

屋台でイカ焼きを買って帰ったのは、祭りdefaultということで。

久富稲荷神社

タグ(話題):

↑トップへ